いただきもの。

c0059910_104987.jpg

特別養護老人ホームで、頂いた箱たち。
入所されている方の手作りで、居室に呼ばれて「先生この棚のもの全部持ってって」と言われたさ。
実はこのサイズの箱が欲しかったので、嬉しかったん。




しっかし今週はなんだか疲れたのさ〜。
勝手に振り返ってみよう。

月曜…大学研究所にて。
午前が2歳児×2人セッション。
午後が特別支援学級15人セッション。

火曜…特別養護老人ホームにて。
午前…入所30人
午後…デイサービス26人

水曜…老人介護福祉施設
午前…30人ほど
午後…50人ほど

木曜…銭湯デイサービス
午前…①17名 ②9名ほど
午後…①7名ほど ②7名ほど

金曜…音楽デイサービス
早朝…まさかの、送迎業務

他、生活相談員(社会福祉主事)&
音楽療法士業務

土曜…音楽デイサービス
午前…通所介護計画書、フェイスシート&アセスメントシート作成(不慣れな業務)

午後…音楽療法業務



いや、我ながらよく働いたと思った。

音楽療法は

「音楽して終わり」ではなく、

受ける方の健康のニーズに対し、
事前の計画(みたて)→実施→記録→振り返り→次回の計画

の繰り返しです。
実際の活動自体が60分でも、それ以外の時間(計画、事後振り返り、記録、自宅に戻ってから、次のセッションに向けての道具の準備)の方が時間かかるのですなあ。


音楽が好きで、まず人が好きじゃないとやってゆけぬ仕事だなーと思うのであった。


…1週間で約200人の高齢者(多くがなんらかの認知症)と関わっていたらしい。
多いのか、少ないのか。はて。



この生活が、3ヶ月。
3ヶ月やってみて、見えてくるものがありますゆえ、きっときっと、この先の3ヶ月も、つらくとも楽しくやっていけることでしょう010.gif
[PR]

by wacco-blog | 2014-06-30 00:36 | Comments(0)
line

日本音楽療法学会 認定音楽療法士。シンガーソングライター和田の、お気楽ゴロ寝的つぶやきブログ


by wacco-blog
line